ブログ解説編遊び方ページへ縁日の企画ページへ博物館ページへ新製品の記録ページへ
メイン画像
まだ日本人が自然や神様と身近に暮らしていた時代の遊びの名残りが、正月の遊びやおもちゃに伝わっています。忙しい今の時代、年に一度ぐらい祖先の思いに触れてみるのはどうでしょう

   本当の「福笑 い」は目隠しをして遊びます
 福笑い
名前 こま、各種
内容 古代ギリシャの時代から古今東西で広く楽しまれているが、形や遊び方の多様性ではとりわけ日本が世界一だ。独楽がまわせることを日本の子供の必須科目にしてもらいたい。
参考上代 180円から2000円



   マウスをタコ糸にみたたて凧揚げをしてください。
 
名前 和凧各種
角凧、六角凧、 奴凧、連凧

内容材料は平割竹と紙(和紙)。タコ揚げが本来の目的だが、最近は装飾品としても利用される。説話、神話、講談などを題材にした絵柄で世界が広がる。 
参考上代 800から3800円
 
名前 かるた
小売値 百人一首(1500円)
内容かるたは競技である。勝つために集中力、記憶力、運動能力などをつけなければならない。しかも伝統の諺や歌も覚えて、一人前の大人に育つ。
 
名前 羽根、羽子板
内容 羽子板と羽根の玉(原料はムクロジという植物の実)が衝突した時の「パチ」という冴えた音は邪気を祓い身の引き締まる思いになる。その凛(リン) とし佇まいが新年にふさわしい。
参考上代 780円/1枚、36cm
 

このWEBページは現在の縁日用おもちゃ、駄菓子、玩具花火などを広く知っていただくためのご紹介ページです。
目下3000種類の商品、写真は4000枚以上載せてあります。写真だけでその内容をお伝えできない商品にはビデオやアニメ、サウンドを組み込んであります。目印として当社のマスコットや音楽マークが商品の脇についていますので、画像や矢印をクリックしてみてください。
毎月新製品が平均50種類出ますので、月に数回ページを更新しています。
 

20202020

◎カレンダーの赤文字は休業日です。

営業時間:午前9時から午後5時まで


夏季の休業日:
5月下旬から9月
日曜日、祝日、第3土曜日
秋冬季節の休業:
10月から5月上旬
日曜、祝日、毎土曜日

新井商店
   
駄菓子屋
昔、駄菓子屋さんはどこの町内にもありましたが、この30年来の少子化の影響で、ほとんどみかけなくなりました。しかし地元の子どもたちの遊びの場、勉強の場、また大人たちの社交の場として支持されている現役のお店もあります。今では貴重な存在になってしまったお店の雰囲気を臨場感あふれるパノラマ写真でご紹介します。パノラマ店舗入口


パンフ案内



  

今年も新しい花火が作られています。そのうちで新しい工夫の花火10種類程の映像を重ね合わせてみました。玩具花火は使用火薬量が限られています。それでもいろいろ工夫をすると迫力のある花火大会ができます。今年以前の花火にもたのしいものがいろいろあります。150本近いビデオの映像を用意してありますのでお楽しみください。
 

はじめは夜店の金魚すくいでした。その後「生き物はかわそそう」との気持から、スーパーボールや動物の人形が金魚のかわりになりました。今はLED(発光ダイオード)やボタン電池が安くなったので、このような楽しい遊べが簡単にできるようになりました。流れる水に反射して別世界にいったようです。